FC2ブログ
 
■FC2カウンター

■カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわず・・・夢とは違う形ですが、鉄道に携われる仕事に就き、楽しく頑張ってます。




※コメント歓迎ですが、管理人が不適切だと思うコメント等は削除させて頂くことがありますので、何卒ご容赦の程、お願い致します。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等はお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
エアセクションのお話 構造
こんばんは。




さて、前回は言葉だけで終わってしまったので、今回はちょっとした落書きも入れてみます。


エアセクション(上から)


上から見るとこんな感じかと・・・。
エアセクション、構造は至って簡単に思えます。



今回は、このエアセクション内で電車が停車してしまった場合に起こる問題と、その原因(概要)をネットで調べたので、それをまとめておこうと思います。







上から見れば、長い区間(架線柱1~2スパンの間)で架線を並列に設置しています。
並列に設置された2本の架線には間があり、そこに空気があります。その空気を絶縁体として利用しているため、エアセクションと呼ばれます。
空気的な存在・・・という意味ではないですよb





エアセクション 1

横から見ると、こんな感じになります。
並行する2つの架線はこのように上下する事によって、同時にパンタグラフのすり板に接触する時間を可能な限り短くしています。

そのため、長い区間にわたって並列に設置されていますが、実際にパンタグラフが両架線に接触するのは、走行中であればほんの一瞬の出来事ですね。




エアセクション 2


ちょうどこのように、、パンタグラフがちょうどエアセクションにかかっている時に停車すると、架線が断線されてしまう事故が起こる可能性があるそうです。
原因としては、電位差のある両架線がパンタグラフによって短絡されて、その時接触部に発生する熱によってトロリ線の強度が低下し、張力によって破断する。もしくは、離線によって発生するアークが、集電装置による短絡によって通常よりも大きなものとなり、トロリ線が溶断する・・・といった事が考えられるそうです。





エアセクション 3
さて、離線によるアークですが、離線はどうして発生するのかを考えます。
自分がパンタグラフのすり板になったと想像して・・・(ry

パンタグラフを中心にまたまた落書きしました。











すり板 1  断面 1



すり板 2  断面 2



すり板 3  断面 3

※傾斜はもっと緩いですが、分かりやすく大きめにしています。



パンタグラフのすり板は、赤色の架線と接触中に、青色の架線が徐々に上から接近して来ます。
その後、徐々に接近して来た青色の架線がすり板に接触し、赤色の架線と青色の架線が同時に接触する時があります。
そして、今度は赤色の架線は徐々に上へと離れて行きます・・・。

そういう事で、離線が必ず起きるわけです。






そう言えば、今気がつきましたが、横から見た図のパンタグラフだけ、なぜかシングルアームではないですね・・・(菱形とも言いにくい、変な形・・・そのうち修正しときます)。






エアセクション(上から 2)


さてさて、赤色の架線と青色の架線をパンタグラフによって接続する事が、短絡する事になる・・・という事が、僕にはあまり理解出来なかったので、次回は『短絡』とか『電位差』などについて書いていこうかと思っております。

赤色の架線と青色の架線に電位差がある⇒ただ単に電圧が若干異なる・・・なんて理解の仕方をしてしまってたわけですね。ちゃんと全体の事を見ないといけないのに、短絡する瞬間ばかりに注目してしまって・・・ははは。

あんまりここで言ってしまうと、次の記事が要らなくなってしまうので、もう少し引っぱります・・・笑






言葉の定義って大事だな・・・と思えたお話なので、そんなに凄い発見をしたわけでもないので、あまり期待はしないで下さいm(_ _)m


221系(山科③)



電車ってとてもスゴイのですよ。




電気チック | 23:52:13 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
エアセクションのことが理解できなくて悩んでいたのですが、こちらの記事を読ませていただいて少しだけ(なんとなく)わかってきました。
本には架線を上から見た図しか載っていなかったので実際にパンタグラフが架線とどのように接触するのかがピンとこなかったのですが、二つ目から最後までのイラストを拝見させていただいて記事を読んでいると、「そうなんだ!」・・・少しスッキリしてきました。
ありがとうございました。m(__)m
2014-08-10 日 13:53:26 | URL | sara [編集]
こんにちは。お返事が遅くなりすいませんm(_ _)m

エアセクションのお話、中途半端な知識でサラッと書いたこの記事が、少しでもお役に立ったのでしたら幸いです。
ちゃんと写真や動画も当時は用意する予定だったのですが…僕の性格の悪いところがモロに出てしまいましたね(^^;;

写真等で良いのがあれば、掲示板の方へ投稿させて頂きますので、何卒ご容赦下さいm(_ _)m
2014-08-13 水 11:50:33 | URL | n221k [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad