FC2ブログ
 
■FC2カウンター

■カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわず・・・夢とは違う形ですが、鉄道に携われる仕事に就き、楽しく頑張ってます。




※コメント歓迎ですが、管理人が不適切だと思うコメント等は削除させて頂くことがありますので、何卒ご容赦の程、お願い致します。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等はお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
10連休7日間の旅 6日目 後編


こんばんは。



2019年4月28日~5月4日にかけて長旅をした時の記事です
1日目の記事は→こちら





前回の続きを書こうと写真を整理していたのですが、高山に着いてからは
もう「旅行」という感じではなく、ただひたすらに撮影していたようで・・・
食事の記録や、観光地っぽい写真は一切ありませんでした。

そういう事で、後編はただひたすらに、元気に走るワイドビューひだ号の
姿をお送りします。





IMG_3525.jpg

9時半頃に高山駅に到着後、すぐにレンタカーに乗り換えて、撮影へ・・・








IMG_8038.jpg

まずは、ひだ1号。高山市内から少し南に外れたところで構えました。
風が吹いていたので水鏡は難しかったのですが、左側には白い桜と、
右の奥側には鯉のぼりが写っていました。







IMG_8045.jpg

基本は4両編成なのですが、この日は3両増結の7両編成でした。
連休らしい長編成を見ることができました。













IMG_8054.jpg

今度は高山より北へ向かい、飛騨古川を通り過ぎて杉崎駅近くにある
有名な場所で、ひだ8号です。






IMG_8058.jpg

短い3両編成は、ほぼ満席でした。
ひだ8号を見送った後は、再び南下して次の撮影地へ向かいました。

















IMG_8073_20200509175833007.jpg

軽自動車に頑張って宮峠を登ってもらい、久々野まで行きました。
ひだ3号には間に合わないのですが、ひだ5号&25号には間に合いました。





IMG_8075.jpg

名古屋始発のひだ5号の後ろに、いつも大阪から乗車するひだ25号が連結され、
高山へとやって来ます。
先頭のひだ5号は基本4両編成ですが、2両増結されていました。しかも、先頭は
いつも非貫通型なのですが、この日は貫通型で運転されていました。





IMG_8081.jpg

ひだ5号の6両と、ひだ25号の4両、合わせて10両編成で運転です。
最後尾が少し木にかかってしまいましたが、何とか撮れました。
高山本線で一番長いこの10両編成、いつもどこで撮影すべきか悩みます。





IMG_8085.jpg

草木がかかってしまうのは分かっていたのですが、あまりにいい光線状態で
あったので、後ろ姿も・・・
多くの旅行客を乗せて、宮トンネル(鉄路は宮峠をくぐる)へと消えました。




















IMG_8091.jpg

ひだ5号&25号を撮影後、さらに南下して、臨時ひだ81号を撮影しました。






IMG_8097.jpg

先ほどのひだ5号&25号の約30分後にやって来るので、効率よく撮影できます。
3両編成の時もあれば、こうして4両編成の時もあります。
前から2両目には、富山行きの編成に良く使われる300番台の中間車両が連結
されていました。















IMG_8102_20200509183752573.jpg

臨時ひだ81号を見送ってから15分足らずで、ひだ10号が来ました。
こちらは名古屋行きです。







IMG_8108_20200506130300af2.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この5両編成の車両は、
最初に撮ったひだ1号の車両が使われています。
ひだ1号は2両+5両でした。2両は高山から帰る人で混雑する時間帯まで
高山駅で留置され、5両編成はひだ10号として運転されます。












IMG_8115_20200506130339feb.jpg

今度は、ひだ7号です。
前3両は富山行き、後ろ4両は高山止まりで、後々、大阪行きのひだ36号と
して使用されます。
田植え作業前の水田で、少し水鏡できました。

















IMG_8130.jpg

さらに南下して、渚~飛騨小坂間にある有名撮影地へ来ました。
さっそく、ひだ12号が来ました。
ひだ5号として飛騨古川まで運転し、その後折り返して名古屋行きとなるのが
ひだ12号です。




IMG_8133.jpg

珍しく、非貫通型を一切連結していない編成でしたね。















IMG_8143.jpg

今度は、高山止まりのひだ9号が来ました。
こちらも貫通型車でした。






IMG_8146.jpg

このひだ9号の車両は、確かひだ16号として使用されます。
となると、大阪行きのひだ36号と連結する必要がありますから、もしや、
このひだ9号は先ほどのひだ12号と同じ組成だった・・・?
















IMG_8153_20200506130313959.jpg

宮峠を越えて、高山方面へ戻って来ました。
やって来たのは、大きなカーブと桜の木で有名な飛騨一ノ宮です。
桜とツツジが咲く中、ひだ14号が通過して行きました。




IMG_8155.jpg

ひだ14号は、大阪から来たひだ25号の車両に、富山始発の車両を繋いで
名古屋行きとして走ります。
繁忙期になると、大阪発と富山発のひだ号がそれぞれ1両ずつ先頭車を
増結して走るので、中間に先頭車が4両も集まる面白い編成が見れます。











IMG_8159.jpg

ひだ14号を見送ってしばらくすると、宮トンネルからひだ11号が出てきました。





IMG_8170.jpg

前3両は富山行きです。
風が吹いていなければ、水鏡できたかも・・・















IMG_8199.jpg

お昼過ぎにひだ10号を撮影した場所へ戻って来ました。
ひだ36号(大阪行き)&16号(名古屋行き)です。

ひだ5号&25号と同じく、最長の10両編成でした。







IMG_8208.jpg

最後尾は、貫通型でした。
渚~飛騨小坂間で撮影した、ひだ9号の折り返しですね。
















IMG_8216.jpg

この日は、本当に忙しかったです。
宮峠を越えて、最初に撮影した高山市街の近くまで帰って来ました。
高山始発の、ひだ18号です。





IMG_8218.jpg

連結部を撮ろうとすると、西日が反射して眩しかったです。もう夕方・・・
ちなみにこの編成には、ひだ1号の増結として使われていた先頭2両が
連結されていました。














IMG_8232.jpg

もう夕方でしたが、まだギリギリ撮影できそうだったので、飛騨一ノ宮へ・・・
この日最後の富山行き、ひだ13号を撮影できました。





IMG_8237.jpg

富山まで行く先頭のグリーン車、いつか名古屋→富山間を乗り通しして
みたいものです。キハ85系が引退してしまう前に・・・











IMG_8261_202005092202183f6.jpg

続いて、臨時ひだ82号です。
広い平野の一ノ宮ですが、線路はもう山陰に入ってしまいました。





IMG_8268_20200509221633b9c.jpg

お昼過ぎに撮影した臨時ひだ81号の車両が使われていました。






IMG_8281.jpg

踏切近くの平野部は山陰になっていましたが、宮トンネルへ入るために
上った先は、まだ夕日が届いていました。
























IMG_8297.jpg

日が長い時期なので、この日は本当に欲張りました。
最後にダメもとで、富山からやって来るひだ20号を見に行きました。






IMG_8301_20200509220203e7c.jpg

ひだ号が直前まではもうちょっと明るかったのですが、通過する時には
もう撮影するには限界でした。
この日は、これにて撮影を終了し、ホテルへチェックインしたのでした。





こうして振り返ってみると、高山に着いてから、ずっと撮影でしたね。
お昼ごはんは記憶が無いのですが、恐らく道の駅でパンなとを買って、
移動中に食べていたのだと思います。

晩ごはんは、たぶん地元のスーパーで何かを買って、ホテルで食べた
のだと思います(お店は観光客で行列だった気がします)。



旅行の要素がない記事となってしまいましたが、旅は続きます。

飛騨・高山 | 22:34:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する